カイロプラクティック

テクニック

ディパーシファイドテクニック 

 古くからあるカイロプラクティックテクニックの一つで、一般的にはボキボキ関節を矯正するテクニックになります。

経験の浅いカイロプラクターのテクニックがケガの原因にもなります。またテクニック自体が使えない症状の患者さんや、靭帯、筋肉が弱くなっている部位にはアジャスト出来ません。

 通常、ディパーシファイドテクニックのアジャストメントは気持ちよく矯正します。また、一回で良くなったなど評判の良いカイロプラクターのほとんどは、このテクニックが多いようです。当院ではムリヤリ矯正することはありませんのでご安心下さい。 


注、ボキボキ音の正体はキャビテーション現象といい、関節内圧低下により滑液の液化→気化→液化時のクラック音で、可動性減少してしまった関節にとても有効です。他の先進国の研究から大分遅れている日本では30年位前まで骨と骨が擦れる音だと本気で信じられて来たのですが誤りです。現在も骨が削れる音など間違ったまま信じている方が多いです。

トムソンテクニック

 専用のドロップテーブルを使用し矯正します。ベッドが落下しズレた関節を矯正します。
理論は首と骨盤のズレの因果関係に注目した治療テクニックです。
本来、小柄な女性カイロプラクターが体格の大きい患者さんを矯正する為に開発されましたが、当院ではアジャストが苦手な方や高齢者の方に使用します。見た感じと違いまったく痛みを与えず矯正します。当院使用のベッドは、本場米国より輸入したゼニス社のドロップテーブルを国内でカスタムした特注品になります。

筋膜調整・トリガーポイント

 長く歪んでいた関節に付着した筋肉は弾力性を失っています。
一般的な指圧やマッサージのようなリンパ液、血行の改善だけではなく、骨格矯正治療がメインのカイロプラクティック特有のテクニックで、靭帯・軟部組織・筋膜に対しアプローチするのが特長です。
調整後のアジャストで治療効果が長続きします。

モビリゼーションテクニック

関節可動内で、ズレがある関節にストレッチを加えながら動かし歪みを矯正します。当院ではギックリ腰やボキボキ矯正が苦手な方などに使用します。最近ではソフトカイロとも呼ばれています。

PNFテクニック

 元々は脳梗塞、障害者などのリハビリから生まれたテクニックです。欧米諸国で研究が進んでいます。筋肉、関節に対して進展・圧迫・緊張を繰り返しアプローチし筋繊維の痛みを取り除きます。四十肩、O脚、肘痛、膝痛など可動域の大きい関節に効果あります。

アクティベーターテクニック

専用の矯正器具を使用。足の長短検査からズレを特定し矯正します。痛みはまったくありません。当院では主に首、肩に治療します。背骨を矯正すると自律神経の調整にも有効です。

SOTテクニック

ブロックセットで患者様の自重を利用して骨盤矯正します。脊椎内の脳脊髄液の循環を改善できます。

キネシオテーピング

キネシオテープは痛んだ筋肉の早期回復、消痛効果があります。体表の面積が大きい筋肉には効果的で、痛んだ筋を検査で見つけ、筋の方向に貼ることが重要です。自分で貼って効果のなかった方には指導致します。尚、テープの材質はあまり関係ない。

 

症状別アプローチ

腰痛・ぎっくり腰・骨盤矯正

 腰痛・ぎっくり腰の発生は意外にも重いものを運んだり、スポーツで負傷する人は少なく車の運転や長時間のデスクワークなどで起きる方が8割以上です。

  原因は様々ですが悪い姿勢で座ることで骨盤、腰椎に歪みができます。続いて脊椎、頚椎でバランスを取る為に更にズレのある関節の靭帯が硬結し表面の筋肉が動作のきっかけで断裂を起こします。
まず検査して痛みが強く出ている関節と方向をチェックします。腰全部が痛いと訴える方がほとんどですがズレのある関節には深く強い痛みがあります。背部・腰部・骨盤を筋膜調整し柔軟にします。胸椎→腰椎→骨盤の順に矯正し、テストで痛みが無くなっているか確認し終了します。

  当院では患者様の症状・体格に合わせた治療を致しますので、無理にボキボキ矯正することはありません。年齢や体格にもよりますが半数の患者さんが2~3日で回復します。ぎっくり腰は放っておくとクセになりますし、体力に自信のある方でも回復するのに1ヶ月近く掛かってしまうこともあるので早めに治療しましょう。

肩こり・頭痛・不定愁訴

手のシビレ・不眠症

 肩こり・頭痛は20~40代女性に多く、マッサージやお風呂で一時的に血行が良くなり楽になりますがまたすぐに再発します。

  カイロプラクティック治療は頚椎の歪みを直し消痛効果に即効性があり。また、肩甲骨、脊椎、骨盤の歪みを改善することで長期的に良好なコンディションを維持させます。患者さんの9割の方は当日の治療直後に肩こりの違和感が消え、10日後の再治療後は4割の方が症状が出なくなるので、3回目の治療が1年後の患者さんも多いです。

 検査で頚椎、肩甲骨、脊椎、骨盤の歪みを探します。胸椎矯正後、頚椎を矯正し頭痛の有無を確認します。続いて肩こりの直接原因である僧帽筋、斜角筋、肩甲挙筋の付着関節のズレを矯正後、骨盤矯正して再度、検査、確認して終了になります。ほとんどの肩こり症の方が頚椎5~7番と肩甲骨を結ぶ、僧帽筋奥にある斜角筋、肩甲挙筋の違和感を訴えます。頚椎5~7番からは手の神経も出てきますが自律神経は心臓、喉、一部消化器系に伸びています。頭痛、コリの段階でしっかりケアしないと、ストレス、不眠、気分不良、動悸、めまい、手の痺れなど症状が悪化しますので早めに治療しましょう。

 また、首の太さは細い方からガッチリした方まで、約25~45cmの幅があり頚椎を支える筋力が違います。患者さんの体力に合わせた治療を致しますので、ボキボキが怖い方はすぐ教えて下さい。

背部痛・猫背・肋間神経痛

 仕事中座ると背中が苦しい、朝起きると痛い、誰にでも一度や二度経験があると思います。実はこれらの症状は胸椎の後湾(猫背)が亢進したからです。胸椎の後湾になると背骨と肋骨の間にある関節 (肋椎関節) が硬くなります。原因はパソコン、車の運転、映画など長時間座ることで起きることが多いです。肋椎関節は全身に24ヶ所あり、症状が左右片側だけ、1ヶ所のみなど様々です。表面の筋肉を治療しても回復しなかった方がカイロプラクティック治療で良くなることが多いです。痛みのある肋椎関節周辺を筋膜調整し骨盤、頚椎の歪みを矯正後、肋椎関節と胸椎を矯正し検査後終了です。頑固な猫背は一回の治療では良くなりませんが、自宅での体操と定期的治療で良くなります。

坐骨神経痛・腰椎ヘルニア

シビレ・むくみ

 坐骨神経は腰椎から伸びてきて骨盤と大腿骨付け根後面から足先まで伸びている神経です。下肢のシビレ原因は様々あり症状も様々です。単純に血液の循環不良や、椎間板の炎症、ハムストの緊張、骨盤のズレなどです。

 問診、触診、テストでカイロプラクティック治療の範囲を決めます。SLRテスト、骨盤の検査で矯正位置と方向が決まります。脊椎の検査・矯正後、骨盤、股関節を矯正し再度骨盤矯正し検査、テストで終了になります。

ふくらはぎのシビレはヒラメ筋で神経支配は腰椎4番~仙骨。大腿二頭筋、太腿後面のシビレは仙骨、骨盤に原因が多い。

 下肢後面の症状は1~2回の治療で良くなることもあり、骨盤が原因の場合があります。下肢全体、足指の症状、歩行中に酷くなっていく場合は楽になるまで時間掛かります。MRI検査が信頼できますので、整形外科医へご紹介致します。その後は整形治療(投薬)とカイロプラクティック治療にて症状の回復を目指します。手術は術後の人体への負担を考え頂きまずはカイロプラクティック治療を専念してもらいます。また当院では手術後の方も大勢ご来院しています。ご相談下さい。

O脚矯正・骨盤矯正・膝痛

股関節・むくみ

 骨盤、股関節のズレが原因でO脚、膝痛になることが多々あります。

背骨を真直ぐしてあぐらて゛座れる方は大丈夫ですが、猫背・横座りが得意な方は要注意、ペタンコ座りの方はハッキリしたO脚じゃないでしょうか?後々筋力低下、体重増加などのタイミングで膝痛が発症すると思います。

 骨盤、仙骨、股関節、膝関節の触診・検査で矯正部位を確認後、矯正、生活指導致します。O脚のパターンは3つありますが、関節・骨の変形によるものは直りません。それ以外の原因は必ず良くなります。最終的に膝の間隔は狭くなりますが、膝と膝が付くかは本人の努力も必要です。

肉体疲労・虚弱体質・肥満

高血圧・不眠症・不定愁訴

自律神経不調

 体が疲れる、胃腸の調子が悪い、手足が冷たい、イライラする。血行が悪いのかな?寝てないから?骨盤、姿勢が原因かな?最近こういった方が増えています。

 疲労を回復する手段はたくさんありますが、カイロプラクティック治療では脊椎の歪みを矯正して問題を解決します。脊椎が歪んでいると脊髄神経が圧迫され、神経の伝達が正常に機能しなくなり体調不良の原因なります。

 下図のようにズレが有る椎骨によって症状は様々です。当院では検査でズレを探し、しっかり矯正します。

 また脊椎の歪みは筋肉を緊張させ、血液、リンパ液、体液の循環を悪化させます。個人差はありますが誰にでも歪みは存在します。筋膜調整で緊張を取り除き、続いて骨盤矯正、脊椎、肋骨、頚椎を矯正します。矯正が怖い方にはソフトに調整しますのでぜんぜん怖くありません。